2013年12月アーカイブ

金融庁や証券取引所と連携をとりつつ、時には海外当局とも協力して捜査にあたらなければなりません。
今後、この証券取引等監視委員会もより多くの働きを求められることは間違いありません。

個人投資家が日本ではなかなか参入しない原因は「リスク」が怖いということに「よくわからない」ということだと言われていますし、それは正しいでしょう。
しかしインサイダーが行われていて「勝ち目が薄い」マーケットであれば、ますます参入しようと思うことはなくなります。

もちろん、一番インサイダー撲滅に本気で取り組むべきは証券会社自身になるでしょう。
今回騒動の中心となった野村証券でも社員教育などについて取り組むことを明らかにしていますが、これは野村証券だけの問題ではありません。

地方銀行カードローン

借り入れ金利は10万円から90万円の限度額では14.5%、それ以上の限度額では14.0%となります。
限度額は10万円単位で設定され、最大で200万円までとなります。
返済については毎月5日、残高スライド方式で1万円から4万円まで口座から引き落としという形がとられます。

地方銀行でのカードローンを検討されるのなら、osdonline.orgなどで事前にいろいろなものをよく見比べることが肝心です。
同じ銀行でも複数のカードローンを用意していることもありますし、スピード融資や繰り返しの借り入れが不要であればカードなしのフリーローンの方が得になることもあります。
単に申し込みしやすく、借り入れがしやすいところを借入先に選ぶのではなく返済の負担が少しでも軽いところを選ぶようにしてください。

急な出費が必要

急な出費が必要となることは珍しいことではありませんが、その出費も数万円程度で済むこともあれば、かなり高額の費用が必要となる出費もあります。
高額な出費で代表的なのがやはりお葬式です。
葬式は小規模で行われることも増えていますが、それでも数十万円は必要となりますし、大規模に行うとなれば、それなりの費用が必要となってきます。そして、葬式はすぐに用意しなくてはいけませんので、お金も迅速に用意する必要が出てきます。

そんな時は銀行系カードローン【審査をパスするマル秘方法】で解決!

お金に困ったときはレイク

レイクは新生銀行の傘下にあるので安心だし、50000円以下なら数ヶ月間は無利子になるようなのでレイクを選びました。審査もスムーズに通り、無事お金を受け取りました。消費者金融のイメージはあまり良くはなかったのですが、レイクを利用してからとてもクリーンだと思いイメージは変わりました。お陰で友人に借金返済も出来たので一安心です。この先またお金に困ったときはレイク増額で借りたいなと思いました。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。