【解説】パソコンのメンテナンスとは?必要性・対応例

昨今では日常のみならずビジネスにおいて、パソコンに触れる機会がないことの方が少なくなっています。

パソコンは大変便利なコンピューターですが、使っているうちに重くなったり、突然電源が入らなくなったりと不具合が起こった経験もあるのではないでしょうか。

「まだ買い替えるまでに期間があるのに…」「今使っているパソコンを維持したい」とお困りの方もいるかもしれません。

メンテナンスを行うことで、より長くパソコン本来の機能性を保ったまま快適に利用することができます。

この記事では「パソコンが重くなったから解消したい」「具体的にメンテナンスってどんなことをするの?」という疑問を持たれている方に向け、パソコンにおいてのメンテナンスとは何か、具体的な内容も踏まえてご説明いたします。

メンテナンスとは

メンテナンスの意味

「メンテナンス」とは英語の「maintenance」のことで「維持」、「保守」という意味を持ちます。

ITにおいてのメンテナンスはシステムの保守を指すことも多いですが、ここではパソコン(PC)のメンテナンスに関してご説明いたします。

メンテナンスの必要性

パソコンにおいても定期的なメンテナンスは重要です。メンテナンスを怠ると故障や起動、動作が遅くなる原因となります。

また、ハードウェア(パソコン本体等)にほこりがたまることで、劣化が進み故障の原因になることも考えられます。

故障の予防だけではなく、本来のパフォーマンスを持ってパソコンを使用するためにも、メンテナンスは不可欠です。

パソコンのメンテナンス例

ハードウェア(パソコン本体)のメンテナンス

クリーニング

パソコン本体外部のほこりをふき取ることも、メンテナンスに繋がります。

また、本体内部のほこりも時間経過によってたまっていきます。冷却機能やファンの機能性の低下に繋がるため、定期的な掃除が必要です。

ですが、パソコンは精密機械のため、故障してしまう場合もあるかもしれません。

不安な場合は、内部のクリーニングは他社業者に委託するのが良いでしょう。

当サービス「オフィスドクター」でもパソコンクリーニングを請け負っております。

パソコンの放電

パソコンは日常的に使用していると帯電します。帯電していると電源が付きにくくなります。

放電し、内部にこもっている電気をなくすことで、解消します。

ソフトウェアのメンテナンス

バックアップ

パソコンの故障によりデータの突然の破損や消失が発生する場合があります。データを別所にバックアップを行うことで、万が一の際にも復旧を行うことができます。

プログラムの最新アップデート

プログラムを最新の状態に更新します。

更新をしなくても、問題なく動作するからそのままでもいいと思われるかもしれませんが、セキュリティの面でもプログラムの更新は重要になります。

プログラムがアップデートをされる際にはセキュリティの脆弱性を対策するプログラムが新しく更新されます。そのため、更新しなければ、最新の状態よりもサイバー攻撃を受けやすいパソコンになってしまうのです。

セキュリティ対策を徹底するためにも、プログラムの更新を行いましょう。

クリーニング

ディスクを圧迫している不要なファイルを削除し、ディスクの空き容量を増やします。

Windowsには「ディスククリーンアップ」という機能が搭載されており、起動することで不要なファイルの圧縮削除を行ってくれます。

また、使わないアプリケーションも手動で削除することで、ディスクの容量を圧迫することを防ぎ、動作を軽くすることができます。

「とりあえず入れているだけ」というプログラムは極力アンインストールし、不要なデータがディスクに残らないようにします。

ディスクデフラグ

「デフラグ」とは「デフラグメンテーション(defragmentation)」の略で、データの位置の再配置を行い、断片化していたデータを連続的なものにすることを指します。

最適化とも呼ばれます。つまりはディスク内部の整理を行うことです。

Windowsにはデフラグ機能が搭載されているため、ツールをインストールする必要はありません。

デフラグを行うことで、動作や読み込みを早めることができます。

チェックデスク

ディスク内のファイルのエラーを調査、修復します。

ウイルスソフトのスキャン

ウイルス対策ソフトをインストールします。定期的にスキャンを行うことで、ウイルスやスパムの検出、対策を行います。

メンテナンスについて

パソコンのメンテナンスについて解説いたしました。

  • パソコンの定期的なメンテナンスを怠ると故障や動作が遅くなる原因となる。
  • メンテナンスはハードウェア観点とソフトウェア観点があり、どちらも必要。
  • 例としてはクリーニング、放電、プログラムのアップデートやデフラグを行うことが上げられる。

パソコンは精密機械ですので、自社でのメンテナンスやクリーニングが難しい場合は他社業者に依頼するのもいいでしょう。

当サービスのオフィスドクターでも、東京や福岡の中小企業さまを中心に、オフィスのITやOAに関する業務のアウトソーシングを承っております。

パソコンのメンテナンス、クリーニングも受け付けています。ハードウェア、ソフトウェア問わず購入から処分までお客さまのご相談に合わせて柔軟に対応させていただきます。

また、地震被害経験の少ないといわれる福岡県に構築した有人管理のデータセンターをご用意しております。

お客さまの予算や目的に応じて最適なプランをご選択いただけます。もちろん、データのバックアップ管理の一つとしてもご利用いただけます。

料金形態についてはこちらのページをご参照ください。

関連記事

2つの基本プラン 基本プランは、2つのプランいずれかでのご契約となります。 (A) 台数プラン スクロール (B) 時間プラン スクロール (A)台数プラン 台数プランとは […]

「最近会社のパソコンの調子が悪い…」「メンテナンスもクリーニングもまとめてお任せしたい!」というお客様は、ぜひお気軽にご相談ください!

オフィスでのトラブルを
弊社の正社員エンジニアが
ご訪問やお電話の対応で
解決する素敵なサービスが
なんと月1万円~。
まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ
0120-262-242
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームへ
『オフィスドクター』を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』

月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』


ひとり情シスでお困りの会社さま、『オフィスドクター』にアウトソーシング(外部委託)を是非ご検討ください! 「高いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、なんと月額1万円から!まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG