【2022年10月6日から】Chatworkフリープラン仕様変更

リモートワークが労働形態の一つとして広く浸透した中でSlackやMicrosoft製のTeamsなどのビジネスチャットツールはコミュニケーションにおいて欠かせないものになっています。

その中で、ビジネスチャットツールの一つ「Chatwork」を利用されている方も多いのではないでしょうか。

「Chatwork」には無料プランと、二種類の有料プランがあります。

2022年10月6日から無料のフリープランが仕様変更されることが発表されました。

この記事では「どういった変更があるの?」「フリープランのまま使い続けて大丈夫?」という疑問をお持ちの方に向けて、「Chatwork」のフリープランの仕様変更に関して解説いたします。

Chatworkとは

Chatwork(チャットワーク)とは、Slack等と似たビジネスチャットツールの一つです。

機能としては一般的なチャットツールにあるグループ機能やタスクの作成管理機能などがあります。

Chatworkは日本の企業が開発した国産のチャットツールであり、業界や形態に問わず、広く使われているツールの一つです。

フリープランの変更点

2022年10月6日よりChatworkのフリープランの仕様変更があります。

変更内容 変更前 変更後
グループチャット 7個まで 無制限
チャット閲覧制限 無制限 直近40日以内の投稿かつ、最新5000件まで
チーム機能 不可 可能
検索結果数 100件 200件
検索オプション あり なし

参考:Chatwork help リリース・お知らせ 2022/09/06 – フリープラン グループチャットの利用上限数撤廃のお知らせ 閲覧日:2022/9/8

グループチャット無制限

これまでは合計で7個までグループチャットにしか参加できませんでしたが、グループ数の制限が無くなります。

チャット閲覧制限

Chatworkではこれまでフリープランでもチャットの閲覧制限がありませんでしたが、2020年10月6日以降は直近40日以内の投稿かつ、最新5000件までのメッセージの閲覧制限がかかります。

見られなくなるメッセージは10月6日時点で消去されるのではなく、閲覧権限が無くなるだけです。

そのため、40日以降の最新5000件以上の過去のメッセージは、有料プランに入ることで閲覧できます。

チーム機能の利用が可能

これまでは有料プランのみ利用可能だったチーム機能がフリープランでも利用可能になります。

検索結果数の変更

検索結果数の制限が100件から200件になります。チャット閲覧制限内での検索結果です。

また、検索オプションが使えなくなります。

有料プランの料金・機能

無料のフリープランでは2022年10月以降メッセージの閲覧制限がかかることが分かりました。

そのため、状況によっては有料プランにアップグレードすることで効率的に利用できる場合があります。

Chatworkの有料プランの料金形態

Chatworkには月間契約と年間契約があります。

年間契約でプランをアップグレードすることで、月間契約より料金が安くなります。

1ユーザーあたりの月額

有料プラン種類 ビジネス エンタープライズ
月間契約 600円 960円
年間契約 500円 800円

参考:Chatwork プラン・料金 閲覧日:2022/9/7

社員数別の年額イメージ

有料プラン種類 ビジネス エンタープライズ
50名 300,000円 480,000円
100名 600,000円 960,000円
200名 1,200,000円 1,920,000円

参考:Chatwork プラン・料金 閲覧日:2022/9/7

ビジネスチャットサービスとして「Slack」の有料プランに関しても別記事で紹介しています。

関連記事

リモートワークが多様な働き方として浸透してきた中で、オンラインでのコミュニケーションツールを導入している企業はとても多いことでしょう。 特に遠隔でのリアルタイムでのコミュニケーションを可能とする通話アプリやチャットツールは欠かせないも[…]

有料プランの機能

有料プランでは閲覧が無制限の他にもフリープランにはない機能があります。

ビジネスプラン、エンタープライズプランで共通の機能を一部を紹介します。

広告機能の非表示

フリープランでは画面上に広告が表示されますが、有料プランにはありません。

複数人でのビデオ通話

無料プランでも1対1の音声通話もしくはビデオ通話が可能です。

ですが、有料プランに加入することで、複数人での通話が可能になります。

データ容量が10GB

無料プランだと、ストレージ容量が5GBですが、有料プランだと10GBになります。

フリープランの仕様変更について

2022年10月6日以降のChatworkのフリープランの仕様変更に関して解説いたしました。

  • フリープランの仕様変更により、グループチャット数が無制限になりチャットの閲覧に制限がかかる。
  • これまで利用できなかったチームプランの利用が可能になる。
  • 検索結果の数が変更になり、検索オプションが利用できなくなる。
  • 有料プランを利用することで、メッセージの閲覧が無制限になり、広告機能の非表示や複数人でのビデオ通話が可能になる。

コミュニケーションツールの社内構築が可能

オフィスドクターの運営企業であるメディアファイブでは、無料のオープンソースソフトウェア(OSS)の「Mattermost」(マターモスト)を社内のオンプレミス環境に構築・運用し、社員間のコミュニケーションに利用しております。

その理由は私用の「LINE」でのやりとりを減らし、業務の透明化を行い、「Chatwork」のようなクラウドサービスのコストを抑えるためです。

オフィスドクターでは、東京や福岡の中小企業さまを中心に、オフィスのITやOAに関する業務のアウトソーシングを承っております。

当社のようにオープンソースソフトウェア(OSS)を構築する場合でも、弊社のデータセンターをご利用いただければ、お客さまのオフィスにサーバーを配置する必要もなく、BCP対策としても有効です。

「チャットツールっていろいろあるけれど、どれが自社に適しているか分からない」「導入方法や管理方法がわからない」とコミュニケーションツールの選択や導入、運用でお悩みの会社さま、お気軽にオフィスドクターまでご相談ください!

関連記事

月額課金の基本プランが前提となります。 単発案件も柔軟に対応 スポット対応とは、基本プランや追加オプションなどの定常的な対応では収まりにくい、単発的な案件の対応です。 対応例 リモートワーク導入 2020年の新型コロナウイ[…]

なお、メディアファイブではシステム開発の受託も行っています。社内向けに開発した業務システムと、クラウドのチャットツールの通知連携を行うことも可能です。

お気軽に当社までご相談ください!

システム開発会社ならメディアファイブ株式会社

システム開発会社をお探しですか?メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年…

オフィスでのトラブルを
弊社の正社員エンジニアが
ご訪問やお電話の対応で
解決する素敵なサービスが
なんと月1万円~。
まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ
0120-262-242
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームへ
『オフィスドクター』を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』

月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』


ひとり情シスでお困りの会社さま、『オフィスドクター』にアウトソーシング(外部委託)を是非ご検討ください! 「高いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、なんと月額1万円から!まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG