【解説】Mattermostとは?Slackに似たチャットツール

テレワークの導入が増えている昨今、ビジネスチャットツールを利用している方は多いのではないでしょうか。

関連記事

チャットとメールの違いについて、分かりやすく解説いたします。 チャットとメールの違い チャットとは インターネットを通してリアルタイムでメッセージをやり取りする方法。 リアルタイムで情報共有ができる。 会話[…]

有名なチャットツールとしては「Slack」が上げられます。

ですが、Slackは無料プランでは機能制限があり、有料プランに入らなければ、チャット件数などに制限がかかります。

また、Slackは外部クラウドにチャットデータを預ける必要があり、重要なデータのやり取りをする場合、セキュリティリスクがあります。

そのような点を解消できるのが、オンプレミス型のチャットツール「Mattermost」です。

Mattermostは自社のサーバーに構築でき、オープンソースソフトウェアなので、無料で利用・改変できます。

今回は「もっと社内のルールに合わせられるチャットツールを使いたい」「Slackに似たチャットツールって他にあるの?」という方に向けて、「Mattemost」とは何か、導入するメリットをご紹介します。

Mattermostとは

Mattermostとは、オープンソースソフトウェアのビジネスチャットツールになります。

Mattermost.com

Accelerate mission critical work in complex environments wit…

オープンソフトソフトウェア(OSS)とはソースコードが無償で公開されており、利用・改変が認められているソフトウェアのことです。

そのため、Mattermostも実質無料で利用が可能なうえ、カスタマイズ性の高いチャットツールだと言えます。

自社サーバーで構築できる、いわゆるオンプレミス型のアプリケーションなので、運用を自社で完結することもできます。

関連記事

ITサービスを利用する際に「クラウド」という単語に聞き馴染みはないでしょうか。 クラウドに対する言葉として、「オンプレミス」というものがあります。 二つはサーバーやソフトウェアなどITツールを運用・利用する形態のことを指します。[…]

また、Slackと似ているため、既にSlackを利用している場合、Mattermostの利用も難しくないでしょう。

Mattermostのメリット

抵コストで利用可

Slackにも無料プランは存在しますが、有料プランに加入しなければ、機能制限があります。

関連記事

リモートワークが多様な働き方として浸透してきた中で、オンラインでのコミュニケーションツールを導入している企業はとても多いことでしょう。 特に遠隔でのリアルタイムでのコミュニケーションを可能とする通話アプリやチャットツールは欠かせないも[…]

Mattermostは自社サーバーがあれば、無料で機能を利用できます。

そして、容量がサーバーに依存するので、実質無制限で使えます。

カスタマイズ性

ソースを改変できるので、自社のルールに適切な制限をかけられます。

デザインテーマも自由に変更できます。

また、Slack同様にカスタム絵文字も使えます。

セキュリティ対策

自社サーバーを利用するため、外部に情報が漏洩する可能性が低くなります。

クラウドサービスなどで、外部に情報を置けない場合もMattermostをオンプレミスで構築することで解決します。

Slackからの移行が可能

MattermostはSlackからの移行が可能です。

Slackを既に利用している場合でも、問題なく導入できます。

また、公式からSlackに近いチャットツールなので、Mattermostを初めて利用する場合でもスムーズに使いこなせます。

対応端末の広さ

Mattermostはデスクトップアプリとスマホアプリがあり、外出先でもチャットの確認ができます。

OSの種類は「Windows」「macOS」「Linux」版が提供されています。

Mattermostについて

「Mattermost」とは何か、利用メリットについて解説しました。

  • 「Mattermost」はオンプレミス型のビジネスチャットツール。
  • オープンソースソフトウェアなので、無料かつ自由な改変が可能。
  • 自社サーバーに構築できるので、セキュリティ性の高い環境で利用できる。

オフィスドクターでは、ビジネスチャットツールの導入サポートも承っております!

メリットが多いことは分かるけれど、そもそもサーバー構築のスキルがない…という方でも、安心してご利用いただけます。

データーセンターの利用からサーバーへのチャット導入・運用まで

オフィスドクターは月額19,800円と少額から始められる情報システム部のアウトソーシングサービスです。

東京を中心に首都圏エリア、福岡市を中心に福岡エリアの中小企業さまを中心に、オフィスのITやOAに関する業務を承っております。

当記事のように、ITに関するお困りごとを何でも解決いたします。

オフィスドクターの運営企業であるメディアファイブでは、「Slack」や「Chatwork」のようなクラウドサービスのランニングコストを抑え、スクラッチ開発している社内システムとのデータ連携を実現するため、無料のオープンソースソフトウェア(OSS)の「Mattermost」(マターモスト)を社内のオンプレミス環境に構築・運用し、社員間のコミュニケーションに利用しております。

オープンソースソフトウェア(OSS)を構築する場合でも、弊社のデータセンターをご利用いただければ、お客さまのオフィスにサーバーを配置する必要もなく、BCP対策としても有効です。

関連記事

 資料請求はこちら オフィスドクターとは オフィスドクターは、ITでお困りのお客さまをサポートします。 オフィスドクターは、オフィスにIT専任者がおらず「どこに相談したら良いか分からない」お客さまに向けたサ[…]

オフィスドクター

また、メディアファイブではシステム開発の受託も行っています。社内向けに開発した業務システムと、クラウドのチャットツールの通知連携を行うことも可能です。

東京・福岡のソフトウェア開発・システム開発会社|メディアファイブ株式会社

システム開発会社をお探しですか?メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年…

「IT知識を持った社員がいないので導入するのが難しい…」「ビジネスチャットツールの選定からサポートしてほしい」という方は、ぜひオフィスドクターの利用をご検討ください!

まずは、お気軽にご相談ください!

オフィスでのITトラブルを
まとめて解決!

「オフィスドクター」はITのお困り事をなんでも解決する情シスのアウトソーシングサービスです。

弊社の正社員エンジニアがご訪問・お電話で対応します。

なんと月額19,800円からご利用可能です!

まずはお気軽にご相談ください。

\お電話でのご相談はこちら/
0120-262-242
\資料請求も可能です!/
お問合わせフォームへ
「オフィスドクター」を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月19,800円から始められるITアウトソーシング

月19,800円から始められるITアウトソーシング


「オフィスドクター」とは、上場企業のメディアファイブが運営する、ITアウトソーシング(ITO)サービスです。お客様のオフィスで発生するITの「分からない」「困った」を解決します。
IT予算が厳しい中小企業を応援するため、月額19,800円という低額プランからの料金体系で、九州・福岡エリアでは既に運営10年以上、月間100社を超えるお客様にお付き合いいただいております。現在は、地場である福岡に加えて、東京でもサービスインし、リモート形式では全国のオフィスを対象にサービスを展開しています。
まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG