【Zoom無料ユーザー】1対1でのミーティングも時間制限有りに変更

リモートワークの際や遠方の方との打ち合わせの時、web会議を行うことがあります。その際、ミーティングアプリの「Zoom」を利用されている方はたくさんいるのではないでしょうか。無料で使えるということで、プライベートでのビデオ通話で使われていることも多いかもしれません。

しかし、無料のZoomユーザーがホストの会議の場合、1人対複数人だと40分の時間制限があります。そして、2022年7月15日より、1対1での通話も同様に時間制限が付与されるようになります。

この記事では「時間制限の条件が知りたい!」「どのくらい無料で使えるの?」という方に向けてZoom無料ユーザーの時間制限に関して解説いたします。

Zoom無料ユーザーに課される時間制限

Zoomとは

Zoomはweb会議サービスの一つです。多人数、遠隔でのwebビデオ通話が可能で、会議だけでなくセミナーや学校授業等でも利用されています。PCだけでなく、スマートフォンアプリもあり、様々な端末での利用できます。

2022年7月15日から全条件一律で時間制限付与

これまで、Zoomは無料ユーザーがホストの場合、1対多の通話のみ40分間の時間制限が課されており、1対1での通話は時間無制限で利用可能となっていましたが、2022年7月15日より1対1の通話にも40分間の時間制限が課されます。

これは有料アカウントの無料ライセンスのユーザーにも同様に課されるため、全アカウント共通となります。また、変更前から設定しているミーティングも時間制限が課されます。

2022年7月14日以前 2022年7月15日以降
ゲスト1人(1対1) 時間無制限 時間制限有り(40分間)
ゲスト2人以上(1対多) 制限時間有り(40分間) 時間制限有り(40分間)

参考:Zoomサポート 無料アカウントのミーティングの時間制限の変更 最終更新日2022/6/17

ホストとゲストとは

Zoomのホストはミーティングの主催者です。反対にゲストはミーティングに招待される人になります。

Zoomは他の通話アプリのように、ユーザー同士がお互いに通話をつなげるのではなく、ホストがミーティングを設定し、ゲストが招待されることでミーティングに参加することができます。ゲストでの参加であれば、ユーザー登録は不要です。

Zoomミーティングを時間無制限で行う方法

無料ユーザーで40分以上ミーティングする方法

無料ユーザーのまま40分以上会議を実施するには下記のようなものがあります。

有料ユーザーがホストのミーティングに参加

ミーティングに時間制限が付与されるのは、ホストが無料ユーザーの場合のみです。つまり、有料ライセンスを所持しているユーザーが開催しているミーティングにゲストで参加する場合は時間制限なく通話することができます。これはミーティングに限らず、ウェビナーの場合も同様になります。

40分経過後に再度ミーティングを開始

無料ユーザーのミーティング回数は無制限です。

そのため、中断を挟んでも問題ない場合は、ミーティングを複数回行うことで40分以上のミーティングを行うことは実質可能です。

有料ユーザーは時間無制限

前項で紹介した方法では、自分がホストのミーティングには制限がかかってしまいますし、長時間のミーティングの場合は何度もミーティングを中断、再開しなければなりません。

そのため、自分がホストのミーティングを40分以上行う場合は、有料ライセンスを取得することがおすすめになります。

有料プランについて

Zoomの有料ライセンスは企業・組織のアカウントに付与されます。アカウントに紐づくユーザーに管理者(オーナー)がライセンスを付与することで、有料ユーザーとしてミーティングを開催することができます。

Zoomの有料ライセンスの種類は3つあります。

プロ ビジネス エンタープライズ
規模 小規模組織向け 中小企業向け 大企業向け
月額 2,000円/ライセンス 2,700円/ライセンス 2,700円/ライセンス
年額 20,100円/ライセンス 26,900円/ライセンス 32,300円/ライセンス

参考:Zoom プランと価格 閲覧日2022/6/20

有料プランのメリット

ミーティングの時間が無制限になる他にも様々な限定機能が複数あります。

最大参加人数の拡張・増加

無料プランの場合は参加人数を最大100人までしか設定できませんが、ビジネスプランは標準で最大300人、企業プランでは標準で最大500人までのミーティングを設定できます。プロプランは標準は無料同様最大100人までしか参加ができませんが、参加人数の拡張が行えます。

録画をクラウド保存することが可能

Zoomではミーティング内容の録画録音が可能です。有料プランだとクラウドでの保存が可能です。無料版でも録画自体は可能ですが、ローカルで保存(利用しているPCに直接保存)することしかできません。

複数ホストを設定可能

無料プランの場合はホストは一人のみしか設定することができません。ですが、有料プランではホストを複数人設定することができるので、ミーティングの管理者を増やすことができます。

オプションを付与が可能

オプションを追加することで、参加人数を拡張することができたり、ストレージの拡張を行うことができます。オプションは有料プランへの加入が必須になります。

Zoomの時間制限について

無料のZoomユーザーの時間制限に関してご説明いたしました。

  • Zoomのユーザーは機能制限のある無料ユーザーと各ライセンスで機能の異なる3種類の有料ユーザーで利用可能。
  • 無料ユーザーがミーティングのホストの場合は2022年7月より通話人数に限らず、40分の時間制限が課される。
  • 有料ライセンスを取得するか、40分経過後再度ミーティングを開催する等の対策が必要になる。

無料ユーザー、有料ユーザーの機能の違いを知り、自社に適切なライセンスで利用することが重要です。

Zoomの導入を検討されているものの「何から始めればいいの?」「導入方法が分からない」等お困りの際にはオフィスドクターの利用をぜひご検討ください。導入のお手伝いをさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください!

オフィスでのトラブルを
弊社の正社員エンジニアが
ご訪問やお電話の対応で
解決する素敵なサービスが
なんと月1万円~。
まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ
0120-262-242
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームへ
『オフィスドクター』を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』

月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』


ひとり情シスでお困りの会社さま、『オフィスドクター』にアウトソーシング(外部委託)を是非ご検討ください! 「高いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、なんと月額1万円から!まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG