オンプレミス・クラウドとは?【メリットデメリットを比較】

ITサービスを利用する際に「クラウド」という単語に聞き馴染みはないでしょうか。

クラウドに対する言葉として、「オンプレミス」というものがあります。

二つはサーバーやソフトウェアなどITツールを運用・利用する形態のことを指します。

この記事では「『オンプレミス』と『クラウド』のメリットを知りたい」「『クラウド』ってよく聞くけどそもそもなに?」という疑問をお持ちの方に向けて、二つの形態の違いや概要、メリットデメリットを解説します。

また、サーバーの形態にはオンプレミスやクラウドの他にも契約した容量の外部サーバーを利用する「ホスティング」や外部施設のサーバーラックに自社のサーバーを預ける「ハウジング」という形態も存在します。

こちらは別の記事で解説いたします。

関連記事

業務でデータを管理する際にデータの破損や消滅に対して対策を行っていますか? データは完全な状態で永遠に保存できるわけではありません。事故やミスによって消えてしまうリスクがあります。 ですが、「バックアップ」を行うことで万が一、デ[…]

オンプレミスとクラウドの違い

「オンプレミス」と「クラウド」とは何か解説します。

オンプレミスとは

「オンプレミス(on-premises)」とは自社でサーバーやソフトウェアを所持、運用し利用する形態を指し、自社で保有するサーバーなどに構築するシステムのことを「オンプレミス型のシステム」と呼びます。

また、「オンプレ」と略されることもあります。

クラウドとは

「クラウド(cloud)」とはインターネットから提供されるサーバーやソフトウェアなどのITサービスを利用する形態を指します。

クラウドは、2000年代中期から普及が増加したものです。

クラウドを利用することでオンプレミスのように自社でサーバー保有する必要が無くなりました。

さらに、クラウドサービスの種類として、SaaS、PaaS、IaaSなどがあります。

関連記事

インターネット上で利用できるアプリケーションが増えています。 ビジネスに限らず、個人でもwebメールやストレージなどを利用されている方も多いのではないでしょうか。 そういったインターネットを介して利用できるサービスを「SaaS」[…]

プライベートクラウドとは

「プライベートクラウド」とは自社のみで利用するクラウドサービスのことを指します。

「オンプレミス型」と「ホスティング型」があり、ホスティング型は外部のクラウドサービスの中に、自社特有のクラウドを構築します。

オンプレミスとクラウドの違い

「オンプレミス」は自社で所有するサーバー、ストレージなどを利用しますが、「クラウド」はインターネットを介してサービス提供者が所有するサーバーなどを利用します。

オンプレミス・クラウドのメリットデメリット

「オンプレミス」と「クラウド」のメリットデメリットを解説します。

オンプレミスのメリット

高いセキュリティ性

オンプレミスのメリットとして主に上げられるのは、やはり高いセキュリティ性です。

外部のネットワークを介さず、社内のサーバー、ネットワーク上にシステムを構築することで、外部に情報が漏れにくくなります。

カスタム性

自由度が高く、自社に合わせたカスタマイズが可能です。

既存のシステムとの連携ができたり、ハードウェアの構成なども、用途に合わせて構築できます。

オンプレミスのデメリット

導入コスト

オンプレミスは導入費用がかかります。

ハードウェアの購入はもちろんのこと、設定なども自社で行う必要があります。

障害対応

自社で構築、運用するため、自社で障害対応を行います。

不具合が起きた場合、解消できるよう運用・保守の知識を持った社員が必要です。

ですが、障害対応・保守をアウトソーシングする方法もあります。

当サービスオフィスドクターでも障害対応を行っています。

関連記事

大手企業の扱っているシステムに問題があったなど情報システムのトラブルについてニュースで見かけたことがありませんか。 またはサーバーがダウンしてしまいシステムが利用できず困ったことはないでしょうか。 このようなシステムに問題やトラ[…]

クラウドのメリット

初期コストが安価

クラウドはまず、自社でハードウェアなどを購入する必要が無いため、利用したいときにすぐ導入でき、導入費用も安く済みます。

運用・保守が不要

運用・保守をサービス提供者が行うため、自社でITスキルを持った社員を確保する必要がありません。

クラウドのデメリット

カスタム性

クラウドはサービス提供者の環境に依存するため、自由度が低いです。

他のユーザーと共同で利用するため、アクセスが集中し、サーバーが混み合う場合もあります。

セキュリティ性

クラウドはインターネットとやり取りし、外部サービスを利用します。

そのため、機密性の高い情報などを扱う場合は漏えいリスクを考えなければなりません。

オンプレミス・クラウドの比較

オンプレミスとクラウドのメリット・デメリットを表で比較します。

オンプレミス クラウド
導入コスト
セキュリティ性 漏えいリスクが低い 漏えいリスクがオンプレミスより高い
運用・保守 自社で行う必要有 提供者が行うことが主
カスタム性 自由度が高い 自由度が低い

それぞれに特徴があるため、機密情報を扱う場合はオンプレミスで、すぐに導入の必要がある場合はクラウドなど、それぞれの目的に合わせて利用しましょう。

オンプレミスとクラウドについて

オンプレミスとクラウドについて解説いたしました。

  • 「オンプレミス」とは自社でサーバーやソフトウェアを所持、運用し利用すること。
  • 「クラウド(cloud)」とはインターネットから提供されるサーバーやソフトウェアなどのITサービスを利用すること。
  • 「オンプレミス」はセキュリティ性、カスタム性が高いが、導入コストが高く、自社で運用保守をする必要がある。
  • 「クラウド」は低コストで導入できるが、セキュリティ性、カスタム性が低い。

システムの選定・導入から運用保守までサポートするサービス

オフィスドクターは月額1万円と少額から始められる情報システム部のアウトソーシングサービスです。

東京都を中心に首都圏エリア、福岡市を中心に福岡エリアの中小企業さまを中心に、オフィスのITやOAに関する業務を承っております。

関連記事

2つの基本プラン 基本プランは、2つのプランいずれかでのご契約となります。 (A) 台数プラン スクロール (B) 時間プラン スクロール (A)台数プラン 台数プランとは […]

オフィスドクターの運営企業であるメディアファイブでは、「Slack」や「Chatwork」のようなクラウドサービスのランニングコストを抑え、スクラッチ開発している社内システムとのデータ連携を実現するため、無料のオープンソースソフトウェア(OSS)の「Mattermost」(マターモスト)を社内のオンプレミス環境に構築・運用し、社員間のコミュニケーションに利用しております。

オープンソースソフトウェア(OSS)を構築する場合でも、弊社のデータセンターをご利用いただければ、お客さまのオフィスにサーバーを配置する必要もなく、BCP対策としても有効です。

関連記事

月額課金の基本プランが前提となります。 単発案件も柔軟に対応 スポット対応とは、基本プランや追加オプションなどの定常的な対応では収まりにくい、単発的な案件の対応です。 対応例 リモートワーク導入 2020年の新型コロナウイ[…]

また、メディアファイブではシステム開発の受託も行っています。社内向けに開発した業務システムと、クラウドのチャットツールの通知連携を行うことも可能です。

東京・福岡のソフトウェア開発・システム開発会社|メディアファイブ株式会社

システム開発会社をお探しですか?メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年…

「オンプレミス型のシステムを導入したいが、IT知識を持った社員が少ない…」「オンプレミスかクラウドか自社が利用するのに適切なのはどちらか迷っている」という方は、ぜひオフィスドクターの利用をご検討ください!

まずは、お気軽にお問い合わせください。

オフィスでのトラブルを
弊社の正社員エンジニアが
ご訪問やお電話の対応で
解決する素敵なサービスが
なんと月1万円~。
まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ
0120-262-242
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームへ
『オフィスドクター』を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』

月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』


ひとり情シスでお困りの会社さま、『オフィスドクター』にアウトソーシング(外部委託)を是非ご検討ください! 「高いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、なんと月額1万円から!まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG