【Outlook2016】メールアカウントを追加する方法

メールアカウントを新たに作成する場合、メールアカウントの追加作業が必要です。

ですが、追加時にエラーが発生し原因が分からず失敗してしまったり、追加方法が複雑に見えて手が出なかった経験はありませんか。

この記事では「追加方法が分からない」「なぜかエラーが表示される…」という方に向けて、Outlookでのメールアカウントの追加方法、加えて失敗例とその解決策について画面付きで分かりやすく紹介します。

メールアカウント追加方法

  1. 「アカウントの設定」を新規追加
  2. 「POP と IMAPのアカウント設定」を変更
  3. 「インターネット電子メール設定」を設定
  4. 「アカウント設定のテスト」を実施
  5. 追加完了確認

「アカウントの設定」を新規追加

「ファイル」を押下します。
「アカウントの設定」を押下します。

「新規」を押下します。

「POP と IMAPのアカウント設定」を変更

「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を押下します。
「POP または IMAP」を押下します。
赤字の箇所に各々の情報を入力します。入力後、「詳細設定」を押下します。
名前 sample2@example.com
電子メールアドレス sample2@example.com
アカウントの種類 POP3
受信メールサーバー example.com
送信メールサーバー example.com
アカウント名 sample2
パスワード ************
※メールサーバー(アカウント)を作成した際に設定したパスワードを入力します。

「インターネット電子メール設定」を設定

詳細設定ボタン押下後、以下のポップアップが表示されます。「全般」タブ内は画像の設定になっていることを確認します。
「送信サーバー」タブ内は「送信サーバー(SMTP)は承認が必要」にチェックをいれます。

「詳細設定」タブ内は、「受信サーバー」「送信サーバー」のポート番号を入力します。

受信サーバー(POP3) 995
送信サーバー(SMTP) 587
「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要」にチェックを入れると、自動的に「995」が入力されます。

「使用する暗号化接続の種類」は「自動」を選択します。入力後「OK」を押下します。

「アカウント設定のテスト」を実施

「アカウント設定のテスト」を押下します。

「受信メールサーバー(POP3)へのログオン」「テスト電子メールメッセージの送信」が完了しているのを確認します。

失敗の表示がある場合はこちら
「次へ」を押下します。

追加完了確認

「完了」ボタンを押下します。

ホームに戻り、追加されたことを確認します。

 

失敗例

下記で解決できない場合はメールサーバ等その他の原因となります。弊社にて可能範囲で調査いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

「詳細設定」の「使用する暗号化接続の種類」の選択ミスの場合

エラーメッセージ

下記エラーメッセージが表示されている場合の解決策です。

テスト電子メール メッセージの送信:このクライアントでサポートされている認証方法が、サーバーでサポートされていません。

解決策

「詳細設定」の「使用する暗号化接続の種類」は「自動」を選択します。



アカウント名入力誤りの場合

エラーメッセージ

下記エラーメッセージが表示されている場合の解決方法です。

受信メール サーバー (POP3) へのログオン: 電子メール サーバーがログインを拒否しました。[アカウント設定]で、このアカウントのユーザー名とパスワードを確認してください。サーバーが応答しました : – ERR Authentication failed.

テスト電子メール メッセージの送信: このクライアントでサポートされている認証方法が、サーバーでサポートされていません。

解決策

アカウント名を確認します。



「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックし忘れた場合

エラーメッセージ

下記エラーメッセージが表示されている場合の解決方法です。

テスト電子メール メッセージの送信: サーバーが応答しました : 554 5.7.1 

解決策

「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れます。



メールアカウントの追加方法について

以上が、Outlookでのメールアカウント追加方法でした。ポイントは、詳細設定の入力です。

チェックし忘れ、選択間違いに注意して行いましょう!

一部古メールサーバでは、設定が上手くいかない場合があります。

新しいメールサーバへの切替等ご検討の場合は、ぜひ弊社へお問い合わせください。

地震被害経験の少ない立地でのデータセンターサービス

オフィスドクターは月額1万円と少額から始められる情報システム部のアウトソーシングサービスです。

福岡市中心に福岡エリア、東京を中心とした首都圏エリアの中小企業さま向けに、オフィスのITやOAに関する業務を承っております。

また、追加オプションとして有人管理のデータセンターサービスがあります。

1Uからのハウジングも可能な他、ホスティングはお手頃価格の共有サーバーと拡張性のある専用サーバーがあるため、お客様の予算やニーズに合わせてプランをお選びいただけます。

もちろんEメール用のメールサーバーとしてもお使いいただけます。メールアカウントの作成や転送設定も当サービスにお任せください。

また、国内の他の地域と比べると地震被害経験が少ないと言われる福岡県に構築しているデータのため、「BCP対策としても地震の少ない立地のデータセンターを選びたい」という企業様におすすめです。

プラン内容や費用に関しては別ページに記載しています。

関連記事

追加オプションとは 基本プランに対して、任意のオプションサービスを追加いただけます。 追加オプションのサービス内容 現在は、2つのオプションサービスをご用意しております。 (A) データセンター スクロール […]

「メールサーバーの管理、アカウントの作成も含めてお願いしたい」という方は、まずはお気軽にご相談ください!

オフィスでのトラブルを
弊社の正社員エンジニアが
ご訪問やお電話の対応で
解決する素敵なサービスが
なんと月1万円~。
まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ
0120-262-242
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームへ
『オフィスドクター』を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』

月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』


ひとり情シスでお困りの会社さま、『オフィスドクター』にアウトソーシング(外部委託)を是非ご検討ください! 「高いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、なんと月額1万円から!まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG