【Chatwork】エクスポート機能がない時のログの保存方法

リモートワークなどの導入も増加し、オンラインでの連絡が必須になりつつある昨今、さまざまなコミュニケーションツールを用いて業務を遂行されている方が多いと思います。

メールだけでなく、LINE、SlackやMattermostなど、チャットツールを用いてコミュニケーションを取っていることも多いのではないでしょうか?

関連記事

チャットとメールの違いについて、分かりやすく解説いたします。 チャットとメールの違い チャットとは インターネットを通してリアルタイムでメッセージをやり取りする方法。 リアルタイムで情報共有ができる。 会話[…]

その中で、ビジネスチャットツールの一つ「Chatwork(チャットワーク)」を導入されているお客さまから、こんなご相談をいただきました。

お客さま
Chatworkのチャンネルを閉じるから、ログを残したいんだけど…どうしたら良いですか?
オフィスドクター
ログの保存もお任せください!
こういったビジネスチャットツールにはエクスポート機能があることが多いです。
ですが、Chatworkにはプランによってエクスポート機能がありません。

この記事では「Chatworkでログを保存したいけど出力できない!」「チャットのバックアップを取りたいのだけれど、どうすればいいの?」という方に向けて、当サービスオフィスドクターのお客さまからいただいたご相談事例を元に、Chatworkのログ出力の方法をご紹介いたします!

実施環境

Chatworkには3つのプランがあります。

  • フリー
  • ビジネス
  • エンタープライズ

今回、ログ取得の対象アカウントは「ビジネスプラン」です。

エンタープライズプラン以外のプランにはエクスポート機能が有りませんので、ご注意ください。

有料プランの機能や料金に関しては別の記事でご紹介しています。

関連記事

リモートワークが労働形態の一つとして広く浸透した中でSlackやMicrosoft製のTeamsなどのビジネスチャットツールはコミュニケーションにおいて欠かせないものになっています。 その中で、ビジネスチャットツールの一つ「Chatw[…]

解決策

それでは、エクスポート機能がない場合のチャットログの取得方法について解説していきます。

まずは、Chatwork公式のヘルプを確認してみましょう。

フリープラン、ビジネスプランではエクスポート機能はありませんので
コピーペーストなどでログを保存・印刷してください。

引用元:Chatwork Help グループチャットのよくある質問 チャットのログを保存できますか?(印刷など) 閲覧日:2022/10/17

コピー&ペーストでのログ保存・印刷がChatwork公式で許可されていることが分かりました。

その他の方法として、「goodbye_chatwork」や、「Evernote」などのログを出力するツールを利用しWebクリップとして保存する方法などが有りますが、バックアップデータがうまく表示できないなど、トラブルが起こることがあります。

対応の流れ

下記の手順でチャットログの取得を行います。

  1. ログを取る対象のチャンネルを開く
  2. 「ctrl」+「A」で全選択、「ctrl」+「C」でコピー
  3. ログ用のテキストファイルを開き、「ctrl」+「V」でペーストし成型
  4. 右上のフォルダマークを押下し、全てのファイルをダウンロード

ログを取る対象のチャンネルを開く

対象のチャンネルを開きます。

「ctrl」+「A」で全選択、「ctrl」+「C」でコピー

ログの量が多い場合には必ずすべてリロードを行い実施してください。リロードが完了していないと全てのログを取得できません。

ログ用のテキストファイルを開き、「ctrl」+「V」でペーストし成型

「マイチャットを作成しました。」がチャット開始の目安です。

右上のフォルダマークを押下し、全てのファイルをダウンロード

右上のフォルダを押下することで対象のチャンネルにてやり取りされたファイルの一覧が表示されます。
これで取得完了です!
ログ上に添付したファイル名が記載されるので取得したチャットログと添付ファイルを関連付けることも可能です。
オフィスドクター
チャットのログと添付ファイルの保存を行うことができました!

Chatworkでのログ取得について

Chatworkでのログの保存方法をご紹介いたしました。

今回の事例はお客さまがアカウントを削除予定ということで、一時的にプランを上げてエクスポート機能を利用することはおすすめしませんでした。

当サービスオフィスドクターではお客さまの立場に寄り添いながら、少しでもIT分野の経費削減や業務の効率化ができるように、サービスを提供しています!

月額1万円から始められる情報システム部のアウトソーシングサービス

オフィスドクターは月額1万円と少額から始められる情報システム部のアウトソーシングサービスです。

東京を中心に首都圏エリア、福岡市を中心に福岡エリアの中小企業さまを中心に、オフィスのITやOAに関する業務を承っております。

詳しい料金形態は別ページをご覧ください。

関連記事

2つの基本プラン 基本プランは、2つのプランいずれかでのご契約となります。 (A) 台数プラン スクロール (B) 時間プラン スクロール (A)台数プラン 台数プランとは […]

当記事のように、ITに関するお困りごとを何でも解決いたします。

オフィスドクターの運営企業であるメディアファイブでは、「Chatwork」のようなクラウドサービスのコストを抑えるため、無料のオープンソースソフトウェア(OSS)の「Mattermost」(マターモスト)を社内のオンプレミス環境に構築・運用し、社員間のコミュニケーションに利用しております。

オープンソースソフトウェア(OSS)を構築する場合でも、弊社のデータセンターをご利用いただければ、お客さまのオフィスにサーバーを配置する必要もなく、BCP対策としても有効です。

関連記事

月額課金の基本プランが前提となります。 単発案件も柔軟に対応 スポット対応とは、基本プランや追加オプションなどの定常的な対応では収まりにくい、単発的な案件の対応です。 対応例 リモートワーク導入 2020年の新型コロナウイ[…]

また、メディアファイブではシステム開発の受託も行っています。社内向けに開発した業務システムと、クラウドのチャットツールの通知連携を行うことも可能です。

東京・福岡のソフトウェア開発・システム開発会社|メディアファイブ株式会社

システム開発会社をお探しですか?メディアファイブ株式会社は、システムエンジニア出身の代表が1996年に創業し、2006年…

「ビジネスチャットツールの選定から導入、運用までサポートしてほしい」「ひとり情シスを解消したい」「記事以外のトラブルも解決したい!」という方はまずは、お気軽にご相談ください!

オフィスでのトラブルを
弊社の正社員エンジニアが
ご訪問やお電話の対応で
解決する素敵なサービスが
なんと月1万円~。
まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ
0120-262-242
メールでのお問い合わせ
お問合わせフォームへ
『オフィスドクター』を運営するメディアファイブ株式会社は1996年創業のシステム開発会社です。
最新情報をチェックしよう!
>月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』

月1万円からのIT産業医『オフィスドクター』


ひとり情シスでお困りの会社さま、『オフィスドクター』にアウトソーシング(外部委託)を是非ご検討ください! 「高いんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、なんと月額1万円から!まずはお気軽にご相談ください!

CTR IMG